多焦点眼内レンズ

先進医療に関して

当院は「多焦点眼内レンズを用いた先進医療実施施設」に認定されています。

当院は「先進医療実施施設」に認定されていますので、患者さんの負担が軽くなります。
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は厚生労働省の定める「先進医療」です。
手術費用に関しては、健康保険は適用されませんが
手術費用以外に関しては健康保険が適用されます。
※「先進医療実施施設」以外でこの手術を受ける場合は手術費用のみならず手術前後の診察費用すべてが負担となります。

先進医療とは

当院は「多焦点眼内レンズを用いた先進医療実施施設」に認定されています。

先進医療とは、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる、有効かつ安全で高度な新しい医療技術のことです。
先進医療は、国民の安全を守り、患者様負担を軽減を図りつつ、医療の選択肢を拡げるために、保険診療との併用を認めるものです。
詳細は厚生労働省のホームページ「先進医療について概要」をご覧下さい。

多焦点眼内レンズ

遠近2ヵ所に焦点が合う『多焦点眼内レンズ』

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの違い


  • 単焦点

  • 多焦点

多焦点眼内レンズでは、遠方と近方の両方に焦点を合わせることが可能です。すなわち、多焦点眼内レンズによる白内障手術を受けることで、結果的に老眼の治療になる眼内レンズです。
若い人が糖尿病などによって白内障になった場合、それまではどの距離もピントを合わせて見ることができたのに、手術後は老眼になってしま い、急に不便な生活を強いられてしまいます。
高齢者はもともと老眼だったとしても、ゴルフでボールは見えるけどスコアカードが読めないとか、タクシー運転 手が運転には支障がないけど領収書が読めないといった困った状況は多いものです。
そんな、クオリティ・オブ・ライフ(QOL=生活の質)の改善に貢献する のが多焦点眼内レンズなのです。

乱視矯正眼内レンズ


  • 乱視なし

  • 乱視あり

乱視矯正眼内レンズでは、二重三重に見えたり、物が滲んで見えたりする、乱視を矯正することで、くっりき感のある、クリアな視界で見えるようになります。

乱視矯正眼内レンズも白内障手術と同時に行うことで眼の負担を減らした治療が可能となります。

最近では、乱視矯正と多焦点を両方兼ね備えた多機能眼内レンズなどもありますので、眼内レンズのことについては、当院のスタッフにお気軽にご相談ください。

白内障メニュー

医療法人若草会
横須賀中央眼科

院長 勅使川原 剛

〒238-0008
神奈川県横須賀市大滝町2-6
ザ・タワー横須賀中央
リドレ3階
TEL:046-827-4001

診療時間

  • 午前
    9:30~13:00
  • 午後
    14:30~18:00
pagetop